西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


福生駅で、七夕飾りが展示されているぞ!
華やかな七夕飾りは見ているとウキウキするなぁ!来年こそは、福生名物・七夕まつりが開催できますように!

第188回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫
(夢酔藤山)


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です!!
― 夢酔先生からお知らせ ―


8月11日に、つむぎ書房から
待望の新刊「頼朝伝」が刊行されました。
つむぎ書房、Amazonで購入できます!
(A5判、175ページ、1600円+税)
※西多摩新聞からは購入できません※

よくある問い合せ






   
  
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!



   

好評連載中!

「多摩歴さんぽ」

4月からは大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に
も登場。西多摩に足跡を残す畠山重忠
ゆかりの地を紹介。


西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます!

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

申込み月無料キャンペーン開催中
ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!

購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF




購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます!

 
 
 
 
 


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時


【重要】8/17(水)昼頃から、弊社全体メールの受信ができなくなっております
 大変ご不便をおかけして申し訳ありませんが、復旧するまでご用件は
 
電話(042-552-3737)
 
FAX(042-552-3778)にご連絡をお願いいたします。
  
※各種お申し込みメールフォームも送信できない可能性があります。
 
 
     
       
       

西多摩各市町村+昭島市ホームページ

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 
日の出町
 奥多摩町 檜原村
 

 
 
   
   
 
   

2度目の不信任決議で村木市長失職
市長選には村木氏、中嶋氏が名乗り

改選されたあきる野市議会定例会が7月28日に行われ、村木英幸市長に対する不信任決議が賛成多数で可決され村木市長は失職した。村木市長が独断的に進める福祉施設建設の手法を巡って議会と市長が対立を深めて、6月に1度目の不信任案が可決されると、市長は議会を解散して対抗したが、市議会議員選挙の結果は解散前とほぼ変わらず、市長は失職に追い込まれた。同市選挙管理員会では市長失職にともなう市長選挙を8月28日(告示)、9月4日(日)に実施することを決定。村木前市長と前議長の中嶋博幸氏が出馬を表明しており、市政の行方を占う一戦になりそうだ


 
 
 
   
菅生、無念の準優勝
あと一歩で甲子園逃す


全国高校野球選手権・西東京大会の決勝戦が7月31日、神宮球場で行われ、2年連続で夏の甲子園出場を目指す東海大学菅生高(若林弘泰監督)は日本大学第三高(小倉全由監督)と対戦。序盤2点をリードしながらも6回表日大三高に集中打で逆転を許し、2─6で惜しくも敗れた。若林監督は「人間性がとてもよく日本一をめざせるチームだった。残念」と話した。1年からレギュラーで正捕手としてチームを引っ張ってきた福原主将は「コロナ禍で当時の3年生は試合ができずそういう先輩たちのいろいろな想いを背負って闘ってきたがそれに応えることができず申し訳ない」、エースの鈴木投手は「この悔しさをバネに、この先も野球をやりステップアップしていきたい」と話していた

     
   
   
 

オープニング感謝イベント開催
奥多摩町 奥多摩の台所


テイクアウトとデリバリーの店「奥多摩の台所」(奥多摩町氷川、佐藤和義オーナー)が7月22日、奥多摩駅前の通り沿いにオープンした。8月7日(日)まで町民対象のオープニング感謝イベントを開催中で、開店前から行列ができるほどにぎわいを見せている。日原出身で焼き鳥居酒屋「くら蔵」社長の佐藤さん(48)が生まれ故郷に恩返しをしたい思いで元唐揚げ専門店をリニューアルオープン。炭火焼き鳥・唐揚げ鶏料理、弁当・惣菜、食肉加工品、鮮魚、スイーツ、観光客向けと1つの店舗で6つのブランドを取り入れた。メニューは店内手作りの日替わり弁当(600円)、究極のワサビ鮭のり弁(880円)、各種焼き鳥(一本156円)など。佐藤さん自ら市場に買いつけに行き、厳選した鮮魚盛り合わせ(1〜2人前1480円から)、ジェラート(480円)などスイーツも。営業時間は、弁当午前11時〜午後7時30分、惣菜午後2時〜7時30分。水曜定休(8日から)。前日予約可で当日配達希望の場合は午前9時40分まで要連絡。問い合わせは同店(0428・83・2401)へ




 
 
     
韓国家庭料理のカフェ オープン
鳩ノ巣駅近く

韓国料理を提供する古民家カフェ「Cafe_HATOEN(カフェ ハトエン)」(崔美淑店長)が3日、鳩ノ巣渓谷(奥多摩町棚澤)近くにオープンした。約1年前に新宿区から同町に移住した韓国人夫妻が彩り豊かな家庭料理をふるまい大自然の中でゆったりとくつろぐ空間をもてなす。メニューは「韓国風海苔巻き」を曲げわっぱ弁当箱に詰めたキンパセットとビビンバセット(各1800円)。肉料理一品と季節の野菜を使ったスープ、酢物が付くワンプレート定食で、コーヒーや美酢、ビールなど飲み物も(各500円)。崔さんは「韓国の家庭では5色以上の野菜をふんだんに使うのが基本。旬の野菜を使い日本の食材に合わせた味に仕上げた。ヘルシーで栄養バランスが良いのでダイエットにも良い」とほほ笑む。営業時間は第1・第3日曜の午前10時〜午後5時。食事メニュー希望の方は要予約。予約方法はLINE(goindol88)、メール(goindol88@gmail.com)、電話(090・2644・7855)へ 
  
   
 
 
「土のう砂場」オープン
羽村市親水公園に
羽村市建設防災協力会


羽村市建設防災協力会(小城司会長、19社)は7月26日と27日、同市羽中にあり夏休み期間に開放されている親水公園の一角に「土のうを使った砂場」(4b×2bの長方形)を設置した。砂場は「防災体験学習コーナー」として、公園内に積土のうを活用した砂場とパラソル、展示パネルなどを設置し、子どもたちの遊びを充実するとともに利用者の防災意識の向上や建設業のPRを兼ねる。26日は炎暑の中、小会長(47、村尾重機社長)を筆頭に同協会の会員らが6色の袋の土のう(一袋約30`)300袋を使って同公園のじゃぶじゃぶ池のそばに長方形の枠をつくり、ビニールシートを丁寧に敷いて砂を入れて「土のう砂場」を造った。日よけの白いパラソル2つも設置。子どもたちが土のう作りや土のう積みの体験ができるようにするという
   
      
全国大会出場で表敬訪問
ソフトボール オール福生実年


ソフトボールチーム「オール福生実年」(宮野正宏監督)は7月27日、福生市役所を訪れ、「第31回全日本実年ソフトボール大会」(9月、広島県尾道市)への出場を加藤育男市長に報告した。同チームは1971(昭和46)年に設立。福生市ソフトボール連盟に加盟している23チームから選抜された50歳以上の選手で構成している。月に行われた東京都実年FPソフトボール大会の決勝では、昭島実年に17―6で勝利。3年ぶりに大会を制覇して、全国出場を決めた。加藤市長を表敬訪問した福生市体育協会の村木修会長は「都大会で優勝して全国出場が決まった。体協としても久々の報告」とし、福生市ソフトボール連盟の大倉誠会長もあいさつした。

   
   
 
   
   
 
   
子どもたちに思い出を
15日、「青梅ゆかた祭」
青梅の永山公園で


「青梅ゆかた祭実行委員会」(千葉龍生委員長、片谷茜副委員長)は15日(月) 午後3時〜同7時、浴衣を着て盆踊りや出店を楽しむ「青梅ゆかた祭2022」を、青梅市本町の永山公園総合運動場で開催する。夏祭りコーナーや走馬灯行列などさまざまな催しが行われる。同実行委では「日本の伝統的な浴衣を着て踊りや出店などを楽しむことで、ご先祖さまへの感謝の気持ちを子どもたちの笑顔で伝える機会を作ります」とし、コロナ禍で催し物の中止が続く中、「子どもたちに最高の思い出を作りたい」と、地域の大人たちが一つになって開催するという。同実行委では協賛企業・個人、ボランティアスタッフ(踊り子、会場案内、受付など)も募集している。詳細はホームページ(https://ome-yukatamatsuri.com)。問い合わせは千葉委員長にメール(info@ome-yukatamatsuri.com)で
 
  
   
     
   
児童ら小舟を湧水に
あきしま・街づくり市民会議・なかがみ


住民自らが住みよい地域づくりを目指すボランティア団体「あきしま・街づくり市民会議・なかがみ」(北村実会長、会員160人)主催の「清流と遊ぼう会」が7月23日、昭島市中神町に流れる湧水を利用して行われ、親子ら20人が参加した。キットで作った小舟に絵を描いたり星型シールを貼ったりして湧水に流し、夏休みの楽しい思い出づくりを楽しんだ。同会は2003(平成15)年に設立。JR青梅線中神駅南側の朝日、中神、玉川町をエリアに防犯防災部会による地域パトロールや防災訓練、芸能部会の芸能発表会、外国人を招いて交流する国際部会などを、現在、8部会でさまざまな活動を展開しており、月1回、広報紙「まどあかり」を発行して地域住民との交流・親睦を深めている

         
 
 

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
放送大学 東京多摩学習センター
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
下に購入フォームあり
写真家まえのかつみ
西多摩新聞好評連載中!


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc
 
 



NHKBS1「沁みる夜汽車」で
紹介され大反響の実話小説

青梅線で生まれた49歳差の
友情の物語



A5判、全216ページ、1210円



江戸時代の街道を辿る
日光への旅ガイドブック

【全ページカラー】




江戸時代、幕府に仕えた千人同心。彼らが辿った八王子、拝島、箱根ケ崎〜日光までの道中を、弊紙で「聖女の道標」を連載、現在は令和薫の名で小説「千人同心がゆく」を連載中の夢酔藤山さんが紹介!「西多摩の千人同心一覧」も収録しています。

A5判、全32ページ、1100円







■試し読み■

幕末という激変する時代に翻弄されながらも、懸命に生き抜いた千人同心の生きざまを活写したオムニバス小説。大久野村(日の出町)の千人同心と天然理心流の出会いを描く「剣の虜」、千人同心・土方勇太郎と新選組副長・土方歳三、同郷の幼馴染二人の物語「バラガキ」など6編を収録。

A5判、全134ページ、1100円
送料2冊まで300円、
3冊以上別途相談




写真家まえのかつみ氏
オリジナルポストカード


上の写真をクリックすると、
ほかのポストカードも見る
ことができます。

1枚 110円/送料200円


 




















           
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2022年8月9日更新 

西多摩新聞