西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


冬休みに、「多摩歴さんぽ」コーナー担当の小峯さんが上野公園の彰義隊の墓に行ってきたぞ。彰義隊から別れて瑞穂町にやってきた幕末の振武軍(青梅の御岳山に陣を構えようとしたりした)についての連載を終えて、一度お参りしようと行ってきたそうだ。今でもお花が供えられていて、江戸っ子たちから大切にされているそうだぞ。
第178回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です!


よくある問い合せ





   
  
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!



   

好評連載中!

「多摩歴さんぽ」

西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます!

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから

購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF



購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます!

 
 
 
 
 


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時


【新聞お届けに関するお知らせ

西多摩新聞は発行日である金曜日に購読者の皆様にお届けするよう発送の手配をしております。2021年10月から郵便局の配達日数の繰り下げが決まりました。実施日が段階的のため、新聞の配達が金曜日以外の日になる場合があるかもしれません。しばらくの間ご容赦いただきますようお願いします。


 
 
       

イベント中止情報は各市町村HPをご確認ください

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 日の出町 奥多摩町 檜原村 

 
 
   
   
 

スケボーパークPR施設「FLAT HOUSE」
オープン
瑞穂町 「FLAT」


瑞穂町を中心に活動するスケートボーダーの団体「FLAT(フラット)」(横澤友紀代表)が12月4日、瑞穂町箱根ケ崎にスケートボード(以下スケボー)パークのPR施設「FLAT HOUSE(フラットハウス)」を期間限定でオープン。今後は国道16号沿いに新パークを建設予定だ。同施設は11月末に閉店した「ふらっとまちかど」の跡地にオープン。高校時代にスケボーを始めた福生市志茂在住の横澤さん(26)とスケボー歴約7年で地元の大会入賞実績がある立川市在住のYoshiさん(23)とで共同運営している

 
 
   
全日本自転車競技選手権
シクロクロスU17念願の優勝つかむ
青梅の野嵜然新さん(14)


勝負をかけて逃げ切ることしか頭になかった」と、ゴール前の大接戦を振り返る青梅市長淵の野嵜然新(ぜんしん)さん(14)。12月12日に茨城県で行われた第27回全日本自転車競技選手権大会?シクロクロス(日本自転車競技連盟主催)U17の部に参戦し、みごと優勝をおさめた。JOCジュニアオリンピックカップ優勝者など強豪17人がそろうなか、愛車「SPECIALIZED(スペシャライズド)」でポイントを押さえた走りをみせ、念願のチャンピオンジャージを手にした

    
   
   
 

奥多摩町でドローンと配送ロボット連携
で初の実証実験
日本郵便

日本郵便(衣川和秀社長、千代田区)は昨年12月20日、奥多摩町留浦地区で小型無人機ドローンと地上を走る配送ロボットを組み合わせた荷物の配送を行う実証実験を行った。
 物流業界では山あいの過疎地などで配達員不足が課題となっており、配送ロボットによる省人化配送モデルを検証するため、昨年12月1日から約1か月間、奥多摩郵便局の配達区内で実証実験が行われた。自立飛行ドローンと自動配送ロボットを組み合わせた配送は、国内初の取り組み。ドローンから配送ロボットへの郵便物などの受け渡し、ロボットが受取人宅へ置き配するまでの過程を完全自動化している

 
   
 
     
 小3で漢検2級に合格
青梅の原島一咲君

青梅市野上町の原島一咲(いっさ)君(9、同市立第三小学校3年)はこのほど、日本漢字能力検定協会(本部・京都府)が主催する日本漢字能力検定(漢検)で2級に合格した。漢検2級は、高校卒業程度レベルとされ、すべての常用漢字が出題対象。平均合格率は25%〜30%と難易度が高く、小学3年生の合格者は全国でも少ないという。幼いころから本が大好きで、5歳のときに難読漢字を見て漢字に興味を持ち、保育園の年長児だった3年前に漢検10級を受けて満点合格。小学1年時には6級と4級に合格した。母親の恵里子さんは「先天性の高機能自閉症なので、これだと思ったものに対しての集中力がすごいんです」と話す

 
  
   
 
 

多摩かるた」完成
羽村の伊藤さん
「観光資源にもなれば」


羽村市羽東の伊藤章裕さん(37)は、このほど「多摩かるた」(1200円)を完成。羽村市観光協会などで販売を開始した。伊藤さんは「地元を紹介するかるたで子どもたちが遊びながら多摩地域に愛着を持ってくれたら」と話している。2018年の秋、足を伸ばして群馬県の四万温泉に出かけたとき、観光地にあった「上毛かるた」に目が止まった。「これは面白い、自分でも多摩を紹介するかるたを作ってみたい」とひらめき、撮影してきた写真を整理したり再撮影したりし、読み札を考えるようになった。「かるたで地域の魅力を紹介しようと思うと、とてもわくわくしました。読み札はイメージがどんどんわいて、数日で出来上がりました」と笑顔みせた。


 
   
      
   
タイムカプセル覚えてますか?
旧秋川市で40年前に埋設
心当たりある人は連絡を


あきる野市合併以前の秋川市は1982年(昭和57)年に秋川市制10周年を記念して埋められたタイムカプセルについて、秋川市制50周年にあたる2022年に開封を予定していた。あきる野市は今年度、予定通り開封を行う予定だが、詳細な資料等がないことから、当時、タイムカプセルに手紙などを入れた小学生について、開封時のイベントに参加してほしいと、連絡を呼びかけている。
 タイムカプセルは1982年5月5日、秋川市政10周年記念事業として、中央公民館南側の広場にタイムカプセルを埋設された。同市では開封予定だった秋川市制50周年にあたる2022年に掘り起こしを予定しており、「40年前の記念イベントに出席した方や作文を書いた覚えのある方を探しています。心当たりのある方は、ご連絡ください」と呼びかけている。問い合わせは同市企画政策部企画政策課(042・558・1261、直通)へ

   
   
 
   
青梅市友田町の歴史を1冊に
「友田温故知新」出版
青梅の番場豊さん

青梅市友田町の番場豊さん(73)は、地元の歴史冊子などを1冊にまとめた「友田記述文書再編復刻『友田温故知新』」(B5判、214n)を西多摩新聞社出版センターから出版した。
 同書は番場さんが約40年前に友田町に引っ越してきてから、地域の歴史などを教えてもらったという、故村野文次郎さんの「友田の屋号」、その解説書となる坂田久雄さんの「友田の屋号 資料解説集」、遠藤宇一郎さんの「友田歴史散歩」という貴重な資料を1冊に再編復刻したもの

 
  
   
       
 児童とコラボアートフェス開催
福生 銀座商栄


JR福生駅西口の銀座商栄会(柴ア記賢会長、60店舗)は、今月末まで銀座商栄会アートまつり・フラッグdeアートを開催。児童が描いた約60点の商店応援フラッグ(旗)が街路灯に揺れている。withコロナのイベントとして工夫されたのが、初の試みとなったスマホアプリを使った非接触型のスタンプラリー。児童が協力店10店舗を取材してオリジナルポスターを店舗に飾り、顧客や保護者が来店時にポスターをスマホでかざすとポイントが付く仕組みだ。ポイントが貯まるとスマホから直接応募して、温泉チケットや商品券が当たる抽選に参加できる。フラッグ、ぼすたー制作の様子、スタンプラリーは同イベントホームページから確認できる

       
   

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
放送大学 東京多摩学習センター
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
写真家まえのかつみ
西多摩新聞好評連載中!


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc
 
 



NHKBS1「沁みる夜汽車」で
紹介され大反響の実話小説

青梅線で生まれた49歳差の
友情の物語



A5判、全216ページ、1210円



江戸時代の街道を辿る
日光への旅ガイドブック

【全ページカラー】




江戸時代、幕府に仕えた千人同心。彼らが辿った八王子、拝島、箱根ケ崎〜日光までの道中を、弊紙で「聖女の道標」を連載、現在は令和薫の名で小説「千人同心がゆく」を連載中の夢酔藤山さんが紹介!「西多摩の千人同心一覧」も収録しています。

A5判、全32ページ、1100円




写真家まえのかつみ氏
オリジナルポストカード


上の写真をクリックすると、
ほかのポストカードも見る
ことができます。

1枚 110円/送料200円


 



















           
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2022年1月17日更新 

西多摩新聞媒体資料