ホーム トップニュース 政治・経済 スポーツ 文化・芸術 リビング・ナウ
 社会・総合 

「梅の里再生・復興プラン」策定 目標と重点事業明確に 青梅市

 青梅市はこのほど、ウメ輪紋ウイルス(PPV)により被害を受けた地域の再生・復興を加速するため、「梅の里再生・復興プラン」を策定した。これまで策定してきた「青梅市梅の里再生計画」「梅の里施設整備基本計画」を上位計画に位置づけ、2020年度までに達成すべき目標と、重点的に取り組む事業を年度単位で明確にするもので、市では「プランを着実に進めることで、梅の里再生・復興の効果的な推進を図る」としている。

詳しい記事は3月24日号3面に掲載。

17年ぶりに例大祭が復活 旧住民や施設職員が協力 奥多摩の栃寄地区で

 奥多摩町境の標高650メートルにある栃寄地区で7日、地元住民と今は同地区を離れた住民や隣接する奥多摩都民の森の職員らが協力し、17年ぶりに惣嶽神社の例大祭が執り行われ、旗竿が建立された。

詳しい記事は3月24日号3面に掲載








nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2017年3月28日更新 毎週月曜日更新!※火曜日になることもあります