ホーム トップニュース 政治・経済 まちの話題 スポーツ 文化・芸術
 リビング・ナウ

3時間のリハビリフィットネス 福生 レコードブック福生市志茂

 福生市の奥多摩街道沿い、ドコモショップ福生店の並びにリハビリ型デイサービス「レコードブック福生志茂店」がオープンした。
都内を中心に約40店舗を展開しており、西多摩では初の出店となる。
 スポーツジムのような明るい空間で、20〜30代のスタッフが丁寧に指導する。検温・血圧などのバイタルチェック後、ボールやゴムチューブを使った集団運動、一人ひとりの体調に合わせた個別の機能訓練を行う。
 筑波大学と共同開発した運動プログラムをもとに、「起き上がる」「荷物を下ろす」など、日常動作に必要な筋肉を鍛えるほか、振動で体をほぐし鍛える高機能マシンや、ゲーム感覚で楽しめるエクササイズなども用意。3時間の充実したプログラムで、心身のリフレッシュにもつながる。
 小澤晴樹所長は「麻痺のある方など、通えないのではとあきらめず、ぜひ一度体験してほしい。ジムに通うような前向きな気持ちで、楽しめる場所です」と話す。月ごとにメニューやイベントを変え、飽きずに楽しめる工夫を凝らしていく。
 食品スーパー「マルフジ」などを含む「桝屋グループ」(加藤勤代表取締役)の子会社「(株)フジライフ」が経営を担う。今回のデイサービス事業を皮切りに、今後も西多摩地域に多店舗展開していく構えだ。
 スタッフは「元気な高齢者を増やせば西多摩の消費活動もアップする。地域活性化に貢献できれば」と意気込んでいる。 
 営〓午前9時〜午後0時15分 午後1時45分〜5時
 住〓志茂207
 пャ042・513・3061

市民会館ラストの発表会 青梅 くみこバレエ教室

 青梅市内で教室を開いている「くみこバレエ教室」(板津久美子代表)は26日(日)、青梅市民会館ホールで第28回「くみこバレエ教室スプリングコンサート2017」を開催する。午後5時開場、5時30分開演。入場無料。
 2002(平成14)年から15年間、同会館で発表会を開いてきた同教室。8日は同ホールでリハーサルも行われ、未就学児〜社会人までの生徒とゲストダンサーは、限られた時間の中で、立ち位置や振り付けを確認し、約3時間汗を流した。
 同会館建て替え前のラストステージとなる当日は、バレエ界の一線で活躍するバレエダンサー西脇信雄さんや小濱孝夫さん、矢澤亜紀さんらが特別ゲストとして登場。
 生徒の一人、森田夏妃さんの10年表彰式の後、第一部では「ショパニアーナよりワルツ」や「ロシアの踊り」、「シンデレラ物語」などを、第二部では小濱さんがデジレ王子を演じるグラン・パ・ド・ドゥではオーロラ姫役の生徒、海江田桜さんと息の合った踊りを披露する。矢澤さんの「太陽と白い壁」や喜歌劇こうもりより「フレンチカンカン」、最後は板津代表と西脇さんのパ・ド・ドゥで締めくくり、バレエ初見者や子どもでも楽しむことができ、カーテンコールまで目の離せないプログラムとなっている。
 同教室は生徒も募集しており、河辺教室「フロイデホール」では毎週金曜日と隔週土曜日にチャイルド・ジュニア・シニア・大人向けのレッスンを、上長渕教室「上長渕自治会館」で隔週火曜日に合同クラスのレッスンを行っている。
 レッスンの見学や発表会に関する問い合わせは同教室(0428・24・3922)へ。

春の成田山、佐原の旅 ホリデーと西多摩新聞社

 旅行会社ホリデー(千代田区)と西多摩新聞社は「成田山参道食べ歩きと関東3大小江戸散歩、佐倉チューリップフェスタとBe―NAS見学の旅」日帰りバスツアーを企画。参加者を募集している。
 開催予定期間は4月20日(木)、21日(金)、22日(土)から選択。料金は4900円、土曜のみ5440円(交通費、食事代、保険料、税込)で最低参加人数は各回30人。
 行程は午前6時30分前後にJR拝島駅南口付近をバスで出発↓Be―NASでショッピング↓佐倉チューリップフェスタ見学↓「すぎのや本陣」で「田舎汁うどん膳」の食事↓成田山新勝寺の参道食べ歩き散策↓佐原小江戸散策をして拝島着が午後7時前後着予定。食も旅も見所も盛り沢山で楽しむ内容だ。
 詳細は旅行パンフレットを参照のこと。申込みは専用はがきで行うため、西多摩新聞社へ4月10日(月)までに連絡を。出発の7日前までに旅行参加証を事務局から郵送。旅行日の前日まではキャンセル料は発生しないが、当日に不参加の場合は発生する。
 問い合わせは事務局(03・5209・1368)まで。ツアーNo.270402で確認(平日午前9時30分〜午後5時30分、土日祝日は午前9時30分〜午後4時)。土日にキャンセルは翌日扱いとなる。
 資料請求は西多摩新聞社(042・552・3737)まで。
 休〓土日・祝日 営〓午前9時〜午後5時

花見酒をインスタでシェア! 福生 石川酒造

 福生市熊川の「石川酒造」(石川彌八郎社長)は22日から、純米酒「花見酒」2種を春限定ラベルで発売した。
 お花見のお供や、ハレの日をイメージした「晴の陽」、自分へのご褒美や、夜のお花見にぴったりの「春の酔」の2種で、ふんわりと穏やかな香りに米の旨味が味わえる。720ミリリットル1250円(税抜)。数量限定のため、酒造内の売店「酒世羅」とオンラインショップのみでの販売となる。
 また、購入した「花見酒」を楽しむ様子を写真に撮り、「#hareharu17」を付けてインスタグラムでシェアすると、石川酒造から素適なプレゼントが。杉の香りが広がる清酒風リキュール「多満自慢 東京の森」(720ミリリットル)が10人に贈られる。
 石川酒造のインスタグラム公式アカウント「ishikawabrewery」をフォローし、5月15日(月)までに応募(未成年は不可)。当選者は「ishikawabrewery」よりダイレクトメッセージで発表。
 問い合わせは同酒造売店へ。
 営〓午前10時〜午後6時
 P〓なし
 住〓熊川1
 пャ042・530・5792







絶品オムライスの店 福生 フィルイン

 福生市福生の「フィルイン」は、昨年末にオープンした洋食店。18歳から30年間、日本橋の老舗「たいめいけん」で修業した中山昭司シェフが、「どこか昔懐かしい味」を提供する。
 ランチには卵で巻いた「チキンオムライス」(1千円)と、ふわふわ卵の「オムハヤシ」(1250円)が人気。修業時代作り続けてきた伝統の味を、リーズナブルに楽しめる。
 10日間かけて仕込むデミグラスソースは、炒めた野菜や香辛料、牛バラ肉をたっぷり使ったこだわりの品。
 「デミは2分の1、グラスは煮詰めるという意味。旨味のつまったコク深いソースのために、炒めて煮詰め、濾す作業を毎日繰り返します」と中山さん。「丁寧に心を込めて作った料理で、喜んでいただければ」と話している。
 営〓午前11時30分〜午後2時30分 午後5時30分〜8時30分
 休〓月・木・日曜、火曜午後
 住〓福生887―6
 пャ042・513・7495

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2017年3月24日更新 毎週月曜日更新!※火曜日になることもあります