西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


上野の国立博物館の「琉球展」に行ってきたぞ!前に沖縄旅行で行ったことのある神社が、展示された古地図に載っているのが見れたり、なかなか興味深かったぞ。中国っぽい靴も展示してあって、中国時代劇をちょいちょい見て、昔の靴底の素材がなんなのか不思議だったから、よくよく見てみたけんど、よくわからなかったなぁ
※写真は撮影OKコーナーで撮影しました
第183回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫
(夢酔藤山)


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です!!


よくある問い合せ






   
  
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!



   

好評連載中!

「多摩歴さんぽ」

4月からは大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に
も登場。西多摩に足跡を残す畠山重忠
ゆかりの地を紹介。


西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます!

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

申込み月無料キャンペーン開催中
ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから


購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF




購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます!

 
 
 
 
 


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時


【5月6日号休刊のお知らせ

 5月6日号は4月29日号と合併号となるため、休刊となります。4月29日号の次は5月13日号となります。

 
 


   
   
       
       

西多摩各市町村+昭島市ホームページ

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 
日の出町
 奥多摩町 檜原村
 

 
 
   
   
 

タイムカプセルに40年前の作文
秋川市制50周年で開封

1982(昭和57)年5月5日に秋川市制10周年を記念して埋設されたタイムカプセルの開封事業が14日、ふれあいホールなどで開催され、50年前に作文を入れた当時小学4年生だった人や関係者約130人が参加。保存状態が良好なタイムカプセルが掘削され、中から児童の作文や行政資料などを発見し、参加者が当時の思い出を語るなど旧交を温めた。
 タイムカプセルは、あきる野市合併以前の秋川市は1982年年に秋川市制10周年を記念して中央公民館南側の広場に埋められたもの。埋設を示す石碑の表面には「この下には、タイムカプセルが埋められています、これは今から四十年後の市制五十周年に開封するものです、昭和57年5月5日、秋川市長 臼井孝」と記されており、今年が50周年となることから開封が決まった
 


 
   
オーストリアから勲章
昭島市の岡部武彦さん


欧州オースリア共和国で長年の音楽活動を通して功績があったとして昭島市在住の岡部武彦さん(56)がこのほど同国大統領から有功栄誉金賞(一等騎士)の勲章を贈られた。
 岡部さんは奥多摩町出身。氷川小、氷川中(現在は廃校)を経て都立多摩高卒業後、音楽大学へ進学。声楽家としてオースリアのウィーン国立音楽大学声楽科で本格的に声楽を学んだ後15年間はウィーンを拠点とし、スペインではバルセロナ声楽セミナー教授として教鞭をとる一方、ウィーンで国際音楽祭や国際交流音楽祭、コンクールなど数々の音楽祭の監督や指揮者、審査員などを務めた。現在もウィーン国際文化協会第一副会長の要職にある
     
   
   
 

移転後、内覧会を開催
瑞穂町 みずほ病院

医療法人社団久遠会(奥井重徳理事長)が移転のため建設を進めていた「みずほ病院」(瑞穂町箱根ケ崎、奥井院長)の新病院が完成し、移転前に1日、内覧会が行われた。移転を機に「高沢病院」(同町二本木)から改名し、より地域に根ざした病院を目指す。
 新病院は鉄筋コンクリート造りの4階建て、延べ床面積約5117平方b。診療科目は内科・消化器内科・リハビリテーション科。病床数は113床で、地域包括ケア病床25床(8月頃稼動予定)と回復期リハビリテーション病床28床を新設。約164平方bのリハビリテーション室には筋力トレーニングマシン7台を備え、早期の機能回復と在宅復帰を目指す


 
 
     
地元西多摩を盛り上げたい
若者たちが音楽フェス開催


音楽イベント「NISHITAMA MUSIC FESTIVAL(西多摩ミュージックフェスティバル)」が4月30日、青梅市のネッツたまぐーセンター多目的ホールで開催され、ロックバントからアイドルグループまでさまざまなジャンルのアーティスト15組がステージを彩り、約100人が来場した。
同イベントは、「僕らの地元『西多摩』を音楽で盛り上げたい!」と、羽村市出身の「TAMO」こと田母神友早(ゆうさ)さん(22)が企画して初開催したもの

 
  
   
 
 
グラウンドゴルフで親睦深める
3年ぶりに大会開催
青梅の柚木町で

青梅市柚木町の高齢者クラブ「柚木梅寿会」(鬼藤廣二郎会長)とランニング愛好会「柚木どんぐり会」(山下和久会長)は4日、3年ぶりとなる第14回親睦グラウンドゴルフ大会を柚木町前広場で開催。両会の会員合わせて35人と地元の浜中啓一市長、島ア実市議も特別参加し、青空の下でプレーを楽しんだ。
 新型コロナの影響で3年ぶりの開催となった同大会。開会式で梅寿会の鬼藤会長は「新型コロナ対策で2年間大会ができなかった。今日は無理せずリラックスしてやってください」、どんぐり会の山下会長は「スポーツを通じて懇親を深めましょう。最後までけがのないように」とあいさつした
   
      
   
昭島市、昭島ガス、東京ガス
「カーボンニュートラルシティ実現へ」
包括連携協定を締結


昭島市は昭島ガス(平畑文興社長)、東京ガス(内田高史社長)と11日、「カーボンニュートラルシティの実現に向けた包括連携協定」を締結した。
昭島市は2050年カーボンニュートラルの実現に向けて2030年カーボンハーフを目標に掲げ、市の事業に伴う温室効果ガスを同年までに75%削減する「カーボンクォーター2030」を目標に、脱炭素化に取り組んでいる。協定は、 昭島市、 昭島ガス、都市ガス卸供給元の東京ガスが相互に連携して「カーボンニュートラルシティの実現」を目指すもの
   
   
 
   
   
 
   
江川賢司さん偲ぶ
あきる野LANKAで遺作展と教室展


あきる野市瀬戸岡のカフェ&ギャラリーLANKA(ランカ、岡美智子店主)で水彩画教室を開いていた江川賢司さん(享年80)の遺作展と栗の木教室展が28日(土)まで同店で開かれている。「描くことが生きがいでした」と、店内に飾られた作品を前に、江川さんの半生を振り返る妻の日出子さん(77)。スケッチ帳を片手に、イタリアのトスカーナなど欧州の街を訪れ、街角の風景などを描き続けた。展示は午前11時30分〜午後6時(月・木・日曜休み)、秋川駅から徒歩12分。問い合わせは同店(042・550・3036)へ
 
  
   
     
   
 新緑と共に版画で心和んで
北海道外で初の個展開催


奥多摩町棚澤の「カフェ山鳩」(原島俊二オーナー)で31日(火)まで、北海道江別市在住の木版画家・山下かず子さん(65)の展示会「山下かず子木版画展」を開催。道外での個展開催は同町が初めて。木版画を描き続け約30年、日々の暮らしや雪景色を描いた約22作品を展示している。「大草原の中、牛に囲まれて育った」と話す山下さんは熊本県生まれ、北海道江別市の広大な牧場地の中に佇む一軒家で育つ。子どものころから絵を描くことが好きで同じ絵を繰り返し描いてきた。「母は自分の好きなように描きなさいと。伸び伸びと絵を描く環境を与えてくれたことが絵を描き続ける原動力になった」と振り返る。」営業時間は午前10時〜午後5時。月曜定休(月曜祝日の場合は火曜定休)。問い合わせは同店(0428・85・2158)へ
         
 
 
 

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

           
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2022年5月23日更新 

西多摩新聞