西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!


青梅市成木の佐藤塚に行ってきたぜ。江戸時代初期に石灰作りを始めた、佐藤助十郎とその妻の墓と言われているんだと。青梅の石灰は有名で、江戸城の漆喰壁にも、たくさん使われたそうだぞ

第198回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫
(夢酔藤山)


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です!!
― 夢酔先生からお知らせ ―

夢酔先生の「ブログ」ここから
(近況や、電子書籍販売の情報など)



つむぎ書房から「頼朝伝」が刊行。
つむぎ書房、Amazonで購入できます!
(A5判、175ページ、1600円+税)
Amazonで購入ここから
※西多摩新聞からは購入できません※

よくある問い合せ






   
  
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!



   

好評連載中!

「多摩歴さんぽ」

西多摩の戦国時代 連載中

西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます!

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します。
お申し込みは ここから!



購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,940

一年 ¥11,880


西多摩新聞立ち読み
PDF




購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます!



















 
     
     


営業時間 月〜金曜日 
     午前9時〜午後5時



【年末年始の新聞発行について】
12/15号の次の発行は、
新年合併号(1/1号)となります。
1/12号から通常の、毎週金曜日発行と
なります。


【2024年1月から折込チラシのエリア、
料金が変わります】
 詳細はここから

 
12/18より好評発売中!



【綾小路きみまろ 爆笑スーパーライブ】
西多摩新聞でも購入可能です
0120-61-3737(平日10時〜17時)
※大きいサイズでチラシを見たい方ここから

   
       
 
夢酔藤山著

「梅の花の咲く処」
待望の書籍化! 現在、予約受付中!

鎌倉時代から戦国時代にかけ、青梅近隣を治めた三田氏。今でも西多摩の人々から愛される三田氏最後の当主・三田弾正を題材にした「梅の花の咲く処」(2003年西多摩新聞連載)に、書下ろしの前日譚、時代を50年遡り太田道灌暗殺の時代から地域を守り抜いた三田氏3代を描く「梅かほる闇路」を収録。
【あとがき 笹目いく子】
連載時から好評だった物語、3月刊行予定!
(A5判、約240ページ、税込1760円(税抜1600円)予定)



 
西多摩の戦国時代の物語

★受注限定発売のため、早めにお申し込みを


試し読みここから
     
       

西多摩各市町村+昭島市ホームページ

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  
昭島市  瑞穂町 
日の出町
 奥多摩町 檜原村
 

 
 


     
       
     
     
全国大会3部門V
日本リズムダンス選手権で
青梅のダンスサークル「In Village」

青梅市内で活動するダンスサークル「In Villege(インヴィレッジ)」(中村恭大代表)は、昨年12月23日に世田谷区の日本女子体育大学トクヨ記念講堂で開催された「第7回日本リズムダンス選手権全国大会」に小学生から一般まで8チームが出場し、うち3チームがリズムダンスコンクール部門中学生、同大学生〜一般、リズムダンスサーキット部門小学生の部でそれぞれ優勝した    
     
       
       
「野球しようぜ」
   大谷翔平選手から子どもたちへ
   羽村富士見小などにグローブ届く

「野球しようぜ」。
メジャーリーガーとして大活躍中の大谷翔平選手から、羽村市内の小学校にグローブが届き、3学期の始業式でこれを知った児童たちは大喜びした。同市立富士見小学校(市川晃司校長、児童数478人)に大谷選手からのグローブが届いたのは昨年12月25日の午後。クリスマスの日だ。「とてもびっくりしました」と市川校長。1月9日に同校体育館で行われた始業式で校長あいさつの最後に児童たちにこのことが告げられると、児童たちは歓声を上げた
       
       
       
     
青梅市VS青梅総合高校生
「駅で煙草が臭い」「活気がない」
活発に意見交換


青梅市立総合高校の生徒会と同市の大勢待利明市長、橋本雅幸教育長らとの初めての意見交換会がこのほど、同市役所の市長室で行われた。生徒たちが「青梅市改善計画」としてさまざまなテーマでプレゼンテーションし、市長らと活発に意見を交わした。同校の生徒5人と生活指導部の田代優子教諭は市長室の応接席に着座し、プロジェクターを使って改善計画を発表した。中里まりあさん(2年)は東青梅駅前の喫煙所について「自然を求めて青梅に来る人も多いのに駅のホームにまで煙草の臭いがきて残念で不快」とし、喫煙所は壁や天井で区画し駅から離れた場所に設置することを提案。畠山梨瑚さん(同)は「青梅に17年住んでいるが面白くない。買い物なら立川や新宿に行く」とし「徒歩でも車でも気軽に行けるショッピングモールを青梅につくって」と求めた
       
       
       
被災地に800万円を寄付
キッチンカーも貸し出し
S&D多摩ホールディングス


S&D多摩ホールディングス(立川市緑町、田村勝彦社長)は9日、能登地方を震源とする地震で被災した人を支援するため、800万円を「石川県令和6年能登半島地震災害義援金」に寄付した。また、被災地の炊き出し用に同グループが所有する特別仕様の「キッチンカー」の貸与を5日に行った。同グループは2011年の東日本大震災時にもトヨタS&D西東京が西東京臨済会災害支援部「臨坊」(臨済宗の僧侶有志らでつくる災害支援の団体)と協業で社員が炊き出しボランティアを行っており、今回は、同グループの交運社(福生市福生)が百周年を記念して製作したキッチンカー1台を「臨坊」に貸し出し、被災した人に食事を提供する予定だ
       
       
     
消防署から感謝状
地域の安心安全に寄与
あきる野 野辺町内会

あきる野市野辺町内会(会員1033人) の
丸山誠司会長、副会長で防災・防犯担当の和田長之さん、秋山知洋さんが12月5日、秋川消防署秋留台出張所の坂清三出張所長から同消防署から町内会に対する署長感謝状を代表で受け取った。同町内会は自主防災組織を市内でいち早く立ち上げ、毎年2回春と秋に防災訓練を行っている。昨年6月の訓練では東京消防庁より出張した起震車を使い、町内約100人が耐震訓練を行うことができた。14日に八雲神社境内で行った町内会の「どんど焼き」で(急遽)募った能登半島地震の義援金には、短時間で4万5千円以上(45,617円)が集まった
   
       
       
       
青梅の中学生「おそきウインドアンサンブル青樹ジュニアバンド」最優秀賞受賞
日本管楽合奏コン全国大会で


青梅市立吹上中学校吹奏楽部、同第六中学校吹奏楽部、同第二中学校吹奏楽部の生徒6人が「おそきウインドアンサンブル青樹ジュニアバンド」(代表者=吉田修・第六中校長)として、昨年11月12日に尚美バリオホール(文京区)で開かれた「第29回日本管楽合奏コンテスト全国大会」中学校S部門(3人〜15人編成)に出場し、最高位の最優秀賞を受賞した。同大会の中学生A部門(16人〜35人編成)で優秀賞を得た泉中吹奏楽部と、「第23回東日本学校吹奏楽大会」(10月7日に山梨県立県民文化ホールで開催)中学生部門で銀賞を獲得した第三中学校とともに1月9日に青梅市庁舎を訪れ、大勢待利明市長を表敬訪問し結果を報告した
         
       
       
         
     
「癒しの光」で魅了
耕心館でひょうたんランプ展


瑞穂町駒形富士山の「耕心館」は21日(日)まで「happy Bright工房ひょうたんランプ展〜額のないウォールアート」を開催している。同工房の石崎由紀さんと石崎大樹さんは、カフェに飾られていた「ひょうたんランプ」に魅せられたが、高額なために自作することを決意し、試行錯誤をしながらも独学で種からひょうたんを育て、ランプに加工する技術をマスター。ひょうたんランプ工房「Yukinko」を設立後、家族ぐるみで活動するようになり、茨城県にひょうたん畑を持ち「happy Bright工房」を構えて、一点一点を手彫りで加工した作品を全国各地の催事やSNSなどで発表している
 
 
       
       
       
96年前の辰年に発行日向和田浄水場完成記念の冊子
青梅の田中正利さん宅で保管


今から96年前の辰年に発行された非売品の冊子「青梅町水道竣工記念帖」が、青梅市日向和田の田中正利さん(91)宅で保管されている。冊子は多摩地域で八王子と並んで古い歴史を持つ日向和田浄水場の完成を祝い、当時の青梅町役場で発行されたもの。田中さんは、「私たちにとって貴重な本」とし、図書館などに寄贈したい考えだ。1928(昭和3)年5月発行の冊子の巻頭には、1府3県の知事を務めた平塚廣義東京府知事の題字が記されている。当時の青梅町役場職員や町会議員、水道布設(敷設)委員の集合写真や、日向和田浄水場が完成するまでの工事の様子などが収められている 
  
     
       
       

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
下に購入フォームあり


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc



書籍の購入ここから






■試し読み■

幕末という激変する時代に翻弄されながらも、懸命に生き抜いた千人同心の生きざまを活写したオムニバス小説。大久野村(日の出町)の千人同心と天然理心流の出会いを描く「剣の虜」、千人同心・土方勇太郎と新選組副長・土方歳三、同郷の幼馴染二人の物語「バラガキ」など6編を収録。

A5判、全134ページ、1100円
送料2冊まで330円、
3冊以上別途相談


江戸時代の街道を辿る
日光への旅ガイドブック

【全ページカラー】




江戸時代、幕府に仕えた千人同心。彼らが辿った八王子、拝島、箱根ケ崎〜日光までの道中を、弊紙で「聖女の道標」を連載、現在は令和薫の名で小説「千人同心がゆく」を連載中の夢酔藤山さんが紹介!「西多摩の千人同心一覧」も収録しています。

A5判、全32ページ、1100円


NHKBS1「沁みる夜汽車」で
紹介され大反響の実話小説

青梅線で生まれた49歳差の
友情の物語



A5判、全216ページ、1210円




写真家まえのかつみ氏
オリジナルポストカード


上の写真をクリックすると、
ほかのポストカードも見る
ことができます。

1枚 110円/送料220円


 
         
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2024年1月24日更新 

西多摩新聞
★★