西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!


神田駅から日本橋まで徒歩で10分もかからないと出ていたらから、歩いてみたぜ!途中で不思議な建物を発見。気になって立ち寄ったら、日本銀行本店だった(写真は後姿)。何度も日本橋に行ったことがあるけんど、日銀が三越のすぐ近くとは知らなかったぜ!

第197回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫
(夢酔藤山)


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です!!
― 夢酔先生からお知らせ ―

夢酔先生の「ブログ」ここから
(近況や、電子書籍販売の情報など)



つむぎ書房から「頼朝伝」が刊行。
つむぎ書房、Amazonで購入できます!
(A5判、175ページ、1600円+税)
Amazonで購入ここから
※西多摩新聞からは購入できません※

よくある問い合せ






   
  
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!



   

好評連載中!

「多摩歴さんぽ」

西多摩の戦国時代 連載中

西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます!

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します。
お申し込みは ここから!



購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,940

一年 ¥11,880


西多摩新聞立ち読み
PDF




購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます!



















 
     
     


営業時間 月〜金曜日 
     午前9時〜午後5時



【年末年始の新聞発行について】
12/15号の次の発行は、
新年合併号(1/1号)となります。
1/12号から通常の、毎週金曜日発行と
なります。


【2024年1月から折込チラシのエリア、
料金が変わります】
 詳細はここから

 
12/18より好評発売中!



【綾小路きみまろ 爆笑スーパーライブ】
西多摩新聞でも購入可能です
0120-61-3737(平日10時〜17時)
※大きいサイズでチラシを見たい方ここから

   
       
 
夢酔藤山著

「梅の花の咲く処」
待望の書籍化! 現在、予約受付中!

鎌倉時代から戦国時代にかけ、青梅近隣を治めた三田氏。今でも西多摩の人々から愛される三田氏最後の当主・三田弾正を題材にした小説「梅の花の咲く処」(2003年西多摩新聞連載)に、
書下ろしの前日譚「梅かほる闇路」を収録。
(A5判、約240ページ、税込1760円(税抜1600円)予定)



 
西多摩の戦国時代の物語


試し読みここから
     
       

西多摩各市町村+昭島市ホームページ

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  
昭島市  瑞穂町 
日の出町
 奥多摩町 檜原村
 

 
 


     
       
     
     
二十歳おめでとう!
瑞穂で二十歳を祝う会

瑞穂町は7日、瑞穂ビューパーク・スカイホールで「二十歳を祝う会」を開催した。冒頭、杉浦裕之町長は1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」に触れ「被災地の復旧をお祈りしたい」と話し、二十歳の節目を迎えた参加者たちに「皆さんの力が将来の社会を担う原動力となる。さらに成長と活躍を」と呼びかけた。二十歳代表の鈴木凌弥さんは「これからくじけそうになることもあろうが、町には励まし合う仲間がたくさんいる。夢を目指し、自覚ある行動に努める」、猪野城司さんは「いま大人の実感がある人は少ないだろうが、小さな段差を一つ一つクリアしていこう。現実は甘くないが私たちの底力をみせましょう。正解は一つではない」と呼びかけた    
     
       
       
子供たち37人が熱演
   西多摩・子どもオペラ
   発表公演に600人が拍手喝采

6月から月3回のペースで半年間、稽古を積んできた子どもたちのオペラ成果発表公演「ヘンゼルとグレーテル」が昨年12月27日、羽村市緑が丘のプリモホールゆとろぎ大ホールで開かれ、保護者や関係者、市民など600人が詰めかけ子ども達の熱演に大きな拍手を送った。主催は西多摩・子どもオペラによる街づくりの会(橋本研代表)とNPO法人おたまじゃくし(谷畑あづみ代表理事)。出演は青梅市を中心に福生、あきる野、昭島、日の出、奥多摩6市町などの小学生から高校生までの37人
 
     
       
       
     
街頭で初の周知活動
昭島・物流Cの交通渋滞動画製作委


昭島市北側の巨大物流センター建設計画による交通渋滞や騒音、排気ガスなどさまざまな問題に対して「シミュレーション動画」を製作し市民に訴えようと、前田健喜さん(同市つつじが丘在住)と二ノ宮リムさちさん(東海大教授)が共同代表を務める「昭島渋滞シミュレーション製作委員会」は12月17日、JR昭島駅北口にモニターを設置して初めて街頭周知活動を展開した。午前中には高校生を中心にワークショップを行い「緑の昭島に巨大物流C計画中」「昭島の未来はどうなる」「渋滞と排ガスのマチ×」など手描きのプラカードを作成・掲示した。モニターでは試作画像を放映し、交通渋滞が市内各所で発生している様子を流す一方、交通量や景観調査などの協力を呼び掛けるチラシ600枚を配布し、市民への理解を求めた
 
       
       
       
青梅駅前再開発ビル着工
112戸の14階建てビル
店舗テナント、図書館も


JR青梅駅前地区(青梅市本町)の再開発「青梅駅前地区第一種市街地再開発事業に係る建設工事」が着工した。同工事の起工式は12月19日に同地で行われ、事業者「青梅駅前地区市街地再開発組合」の澤渡敏夫理事長は「この地区に何の施策もなかった中で、地権者が勉強会を重ね、行政の協力もいただき力を合わせて起工式を迎えることができた。感慨深いですね」と話した。1階に複数のテナントが入る店舗を配し、2階は市の図書館が入る地上14階建て、高さ約48bの鉄筋コンクリート造ビルが建設され、完成予定は2026年3月末。3階〜14階は計112戸の共同住宅で主要な間取りは3LDK(平均約70平方b)を中心とした住宅となり、都心部から子育て世帯の移住定住促進を図る事業となる
       
       
     
筑波大10年ぶりVに貢献
全日本学生柔道団体戦に出場
青梅出身の戸淳之介さん

青梅市友田町出身で筑波大学柔道部(岡田弘隆監督)に所属する戸淳之介さん(21、筑波大3年)は、昨年10月21・22日に兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で開催された全日本学生柔道体重別団体優勝大会(男子25回 女子15回)に90`級と100`級で出場し、筑波大の10年ぶり4度目の優勝に貢献した
   
       
       
       
3年目で準優勝に
青梅市・中学女子アルティメット


青梅市の地域アルティメットクラブ「HAYAMICHI」(ハヤミチ・榎本恵太監督、部員16人)が昨年11月の全国大会で準優勝し、12月28日、同チームの中学生5選手が市役所を訪れて大勢待利明市長に報告を兼ねて表敬訪問をした。「HAYAMICHI」は小中学生で構成され、自治会第8支会管内で活動する。2年前に子ども会から独立してアルティメットの地域クラブとしてスタートした
         
     
       
         
     
昭島市制70周年プレイベントで
ウクライナから避難の
ウルガさんが体験語る


今年5月に市制施行70周年を迎える昭島市は昨年12月9日、同市つつじが丘のアキシマエンシス体育館で「市制70周年記念プレ事業」としての平和イベントを開催(詳細1月1日号)。イベントの中でウクライナから市内に避難しているミロネンコ・オルガさんらがその体験を語り、ウクライナ民族楽器バンドゥーラ奏者のカテリーナさんが歌と演奏を披露した。体験談では、今なおロシアの武力侵攻が続くウクライナから昭島市内に避難しているミロネンコ・オルガさんが、娘のダリナさんと登壇した

 
 
       
       
       
ストロング小林展大盛況!
長年の親交持つ持田さんが開催


2021年に81歳で没した青梅市在住の元プロレスラーストロング小林さん(本名=小林省三)の貴重なグッズを展示する「ストロング小林展」(同実行委員会主催、プロレス美術館協力)が昨年末、青梅市の西友河辺店4階ボッパルトホールで開催され1412人が来場し、在りし日の小林さんの活躍を偲んだ。会場には小林さんの遺族の協力を得て展示された覆面太郎のマスクやガウン3着、ポスター15枚、福生市で行われた引退試合のチケット、小林家に保存されていたアルバムなどの貴重品がすらりと並び、会場中央では小林さんの試合を放映。米国プロレスの聖地であるマディソン・スクエア・ガーデンに多く出場してMSGの帝王と呼ばれたブルーノ・サンマルチノと小林さんがタイトルを賭けた一戦のパンフレットなど愛好家も驚く逸品が展示された 
 
       
       
       

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
下に購入フォームあり


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc



書籍の購入ここから






■試し読み■

幕末という激変する時代に翻弄されながらも、懸命に生き抜いた千人同心の生きざまを活写したオムニバス小説。大久野村(日の出町)の千人同心と天然理心流の出会いを描く「剣の虜」、千人同心・土方勇太郎と新選組副長・土方歳三、同郷の幼馴染二人の物語「バラガキ」など6編を収録。

A5判、全134ページ、1100円
送料2冊まで330円、
3冊以上別途相談


江戸時代の街道を辿る
日光への旅ガイドブック

【全ページカラー】




江戸時代、幕府に仕えた千人同心。彼らが辿った八王子、拝島、箱根ケ崎〜日光までの道中を、弊紙で「聖女の道標」を連載、現在は令和薫の名で小説「千人同心がゆく」を連載中の夢酔藤山さんが紹介!「西多摩の千人同心一覧」も収録しています。

A5判、全32ページ、1100円


NHKBS1「沁みる夜汽車」で
紹介され大反響の実話小説

青梅線で生まれた49歳差の
友情の物語



A5判、全216ページ、1210円




写真家まえのかつみ氏
オリジナルポストカード


上の写真をクリックすると、
ほかのポストカードも見る
ことができます。

1枚 110円/送料220円


 
         
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2024年1月18日更新 

西多摩新聞
★★